60代が「健康寿命を延ばすために重要だと思うこと」ランキングTOP5

「健康寿命」というとロコモ対策、サルコペニア対策、骨粗しょう症対策など、寝たきりにならないようにするためのカラダ面が重視されがちだ。しかし健康でいるための要素は特にシニア世代に入るとカラダだけではなくなってくる。いつまでもハツラツとした生活を送るためにはメンタル面の健康維持も重要だ。

健康寿命を延ばすために必要なことは?

健康や医療をテーマにしたwebメディア、カラーダが行った「健康と身体に関する調査(対象:60代以上の男女200名)」で、「健康寿命を延ばすために大切なことは?」という質問に次のような結果が出た。「趣味を持つことが健康な身体を維持するために大切」、と考える人が多いことがわかる。

  • 1位:趣味を持つ(77.7%)
  • 2位:笑う(58%)
  • 3位:自然に触れる(32%)
  • 4位:仕事をする、旅行をする(20.0%)
  • 5位:ボランティアや社会貢献をする(17.0%)

シニアビジネス成功のヒントはワクワクさせることができる「コト消費」

60歳で現役をリタイアしてから病気がちになる人は少なくない。要因の一つとして、社会との関わりが希薄になり、若い人たちにとっては毎日のタスクである育児や仕事など「絶対にやらなくてはいけないこと」が減ることが挙げられるだろう。だからこそ、タスクとも生きがいとも言える「趣味」を持つことを重要と考えるシニアは多いのかもしれない。健康寿命を延ばすなら、カラダだけではなくメンタルにフォーカスしたサービスや商品もニーズは高い。笑い、いきいき、キラキラ、生きがい、新しい発見など特にコト消費につながるキーワードにシニアビジネスを成功させるヒントがありそうだ。

関連記事
■【最新】47都道府県の健康寿命ランキング
■「健康寿命」とセット、注目新キーワードとは?
■シニア女性が今、積極的に関与・参加していること
■中高年世代「生活ニーズの中核」にあるものとは?
■2012年以降「日本全体の消費者の半分がシニア」という事実
■【白書】シニア女性マーケティングの参考になるデータが豊富!

一緒に読まれている記事