地域別に異なる、よく使う調味料と好きなおかず一覧

地域によって好まれる味が異なる。東京と関西のお雑煮は味も見た目も全く異なっていたり、関東ではあっさり醤油が人気でも九州では甘く濃い醤油が好まれたり。地域ならではの「味好み」は異なるが、最近ではそのような傾向を考慮して全国展開する飲食店では出店地域によって味を変えるケースが増えている。

地域別の味の好みや違いに関する調査結果が出ていたので、食関連の企業は女性の心を掴むヒントにご参照頂きたい。(日本能率協会総合研究所調べ)

地域別で異なるよく使う調味料

 

北海道
1位:つゆの素・めんつゆ
2位:穀物酢
3位:普通の食塩
4位:中濃ソース
5位:一味唐辛子

 

宮城・福島
1位:つゆの素・めんつゆ
2位:かつお風味の和風だしの素
3位:穀物酢
4位:ごま油
5位:白砂糖

 

北陸・新潟
1位:中濃ソース
2位:辛口みそ(褐色)
3位:辛口みそ(赤)
4位:-
5位:-

 

北関東・甲信
1位:穀物酢
2位:かつお風味の和風だしの素
3位:中濃ソース
4位:中華だしの素
5位:七味唐辛子

 

首都圏
1位:中濃ソース
2位:ラー油
3位:和風醤油味ドレッシング
4位:だし入りみそ
5位:三温糖

 

中京圏
1位:ウスターソース
2位:本みりん
3位:お好み焼きソース
4位:ごま味のドレッシング
5位:料理酒

 

阪神圏
1位:濃口醤油
2位:白砂糖
3位:ウスターソース
4位:お好み焼きソース
5位:濃厚とんかつソース

 

岡山・広島
1位:お好み焼きソース
2位:ウスターソース
3位:ポン酢しょうゆ
4位:味塩こしょう
5位:合わせみそ

 

四国
1位:お好み焼きソース
2位:ウスターソース
3位:淡口醤油
4位:濃厚・とんかつソース
5位:料理酒

 

福岡
1位:濃口醤油
2位:焼き肉のたれ
3位:ウスターソース
4位:お好み焼きソース
5位:濃厚・とんかつソース

 

地域別で異なる好きなおかず

味の地域差

画像引用元:味の地域差に関する調査

 

北海道
1位:焼き鳥
2位:納豆
3位:-

 

東北
1位:納豆
2位:焼き魚
3位:和風漬物

 

北陸・新潟
1位:焼き魚
2位:和風漬物
3位:野菜の漬物

 

北関東・甲信
1位:ステーキ
2位:野菜サラダ
3位:茶碗蒸し

 

首都圏
1位:ハンバーグ
2位:ギョーザ
3位:スープ

 

関西
1位:冷やっこ
2位:-
3位:-

 

中国
1位:焼肉・鉄板焼き
2位:ポテトサラダ
3位:-

 

四国
1位:卵焼き
2位:寄せ鍋など鍋料理
3位:おでん

 

九州
1位:テトサラダ
2位:スープ
3位:肉じゃが

ヘルスケアフードは味が画一化されがちだから地域ならではの工夫を

ヘルシー系メニューは一般的には「おいしくない」「物足りない」と言われることが多い。低カロリー、薄味、脂っこさがなくあっさり、味がちょっと独特・・・といった特徴があるためだ。しかし最近はそこに一工夫加えたメニューが次々に出てきている。特に都内を中心に美味しくて満足感の高いヘルスケアフードが登場している。

しかしそれはまだ都内の一部の店舗の話。ヘルスケアフードで女性の心をガッツリ掴むのなら、今ご紹介したような地域で異なる味の好みや傾向を考慮した「その地域ならではのヘルスケアフード」と考案してみてはいかがだろうか?ヘルスケアフードは一律全国同じ系統の味、という印象がまだ強い今、地域の特色を打ち出したヘルスケアフードなら競合との差もつけることができる!

 

関連記事
■美食女子グランプリ商品に学ぶ、女性に選ばれる商品コンセプトTOP3
■30代~70代女性に人気の健康食品の原料・成分ランキングTOP5
■外食もヘルシーに。メニュー検索アプリにヘルスケア機能追加。これは便利!

 

一緒に読まれている記事