女性向け販売戦略の効果最大化のために意識すべきたった一つのこと

(記事公開2015年10月,最終更新2017年6月)
「女性向け販売戦略の効果最大化のために意識すべきたった一つのこと」その答えは「ライフコース」だ。ライフコースとは「個人が一生の間にたどる人生の流れ」のこと。女性の生き方が多様化し複雑になってきた今、女性マーケティングを考える際に外せないのが「ライフコース」視点で消費行動パターンやニーズの変化を捉えることだ。

しかしライフコース視点で販売戦略を考える企業はまだ多くない。ライフコースを意識した販売戦略を行うと、以下のようなことを判断・理解・考察できるようになる。


例えば広告を出したいなと思った時。主婦向け広告だったらテレビが効果的ですよね(テレビ視聴時間は主婦が最も長いとされています)。逆に時間が欲しい!と毎日大忙しの働くママ向け広告だったらテレビを見る時間がないということが想定され、そうすると各情報はwebから収集していると考えられます。そのように考えると、反応が高いのはテレビではなく、働くママ向けの情報サイトである、という推測ができます。 (引用:ビズオ―ション 2015 「女性の心を掴む販売戦略設計にはライフコース分析が必須」)

女性向け販売戦略の効果を最大にするために意識すべきことは、「ライフコース別の違いとは何なのか?」をしっかり把握することだ。ウーマンズでは、20代~70代の女性を20 のライフコースにセグメントしている。

弊社阿部がオンラインメディア「ビズオ―ション」に寄稿した記事では、ライフコース別の女性の生き方や価値観、消費スタイルがどのように異なるのか、具体的にイメージできるように「38歳女性の仲良し4人組」ショートストーリーでご紹介している。記事はこちらからどうぞ!⇒寄稿記事「女性の心を掴む販売戦略設計にはライフコース分析が必須」(ビズオ―ション)

【編集部おすすめ記事】
女性マーケティングがわかる!ウーマンズおすすめ書籍
基礎知識として知っておきたい!女性の主なライフイベントにかかる費用
健康美人になるために食事で意識していることTOP10
アラフォー世代がメイクで重視するのはトレンドよりも…?
ヘルスケア市場で女性客を増やす!5つの手順別まとめ記事
20~60代女性のうち、シミに悩む年代は?

一緒に読まれている記事