【2015年】企業名想起率ランキングTOP20

キャッチフレーズから企業を連想する企業名想起率調査結果が発表された(日経BPコンサルティング調べ)。キャッチフレーズは「つまり何を提供しているのか?」を端的にオシャレに表現する必要があるのだけども、このランキングの中で特に分かりやすいのは「お口の恋人」「うまい、やすい、はやい」「窓を考える会社」「新製品が安い」「水と生きる」。端的でとっても分かりやすい。ランキングには入ってないが、昔使われていた「目のつけどころがシャープでしょ」も、今までにない新しい何かと出会える気持ちにさせてくれる言葉の一つだった。

たまに、かっこつけすぎてて全く商品やサービスをイメージできないキャッチフレーズを見かける。もったいない。とはいえキャッチフレーズを考えるのって本当難しい。そんなときに参考になるwebツールが「ぽいっとキャッチコピー」。webやチラシ、POPなどを考えるときに役だつのでアイディアが浮かばないときはぜひ使ってみてほしい。

企業のキャッチフレーズランキング20

  • 1位:お口の恋人(ロッテ)
  • 2位:コーヒーギフトはAGF(味の素)
  • 3位:あなたと、コンビニに、ファミリーマート(ファミリーマート)
  • 4位:ココロも満タンに(コスモ石油)
  • 5位:カラダにピース CALPIS(カルピス)
  • 6位:新製品が安い(ケーズ電気)
  • 7位:ヒューマンヘルスケア(エーザイ)
  • 8位:FUN TO DRIVE AGAIN(トヨタ自動車)
  • 9位:水と生きる SUNTORY(サントリー)
  • 10位:Inspire the Next(日立製作所)
  • 11位:うまい、やすい、はやい(吉野家)
  • 12位:i’m lovin’ it (マクドナルド)
  • 13位:ZOOM-ZOOM(マツダ)
  • 14位:味ひとすじ永谷園(永谷園)
  • 15位:エネルギーを、ステキに(ENEOS)
  • 16位:自然を、おいしく、楽しく。KAGOME(カゴメ)
  • 17位:窓を考える会社(YKK AP)
  • 18位:自然、当然、無印(良品計画)
  • 19位:ガ、スマート!(東京ガス/大阪ガス)
  • 20位:ひとのときを、想う。JT(日本たばこ産業)

 

関連記事
■女性の健康の悩み、対策方法は「病院」「市販の薬」「健康食品」のどれが1番?
■企業のLINEアカウントはクリック率半数!ヘルスケア企業との相性は?

一緒に読まれている記事