女性の睡眠ニーズは今後も上昇。睡眠ビジネス事例

「不眠解消」「快眠」をキーワードにした商品やサービスは年々人気を集めている。様々なストレスにさらされることの多い今の時代、眠れないことは特別なことではなく多くの人にとって重要なテーマだ。睡眠ビジネス一例はこちら。

「快眠」をテーマにした宿泊プラン

ウーマンズラボ眠りビジネス1

快適な睡眠科学的にを探求し続けていて、快眠に関するサイト「ぐっすり研究所」も立ち上げている。出張などのビジネスシーンで利用する人が多いので、ご存知の読者も多いだろう。疲れているビジネスパーソンの明日の活力のために、眠りをサポートしてくれるホテルの存在はとてもありがたい。

西川リビングのオーダーメイド枕

 

西川リビング認定の「快眠マイスター」が、オリジナルの測定機器を使用して立位姿勢を測定。理想的な寝姿勢を見つける。その測定データを基に体型を判断、枕の高さを割り出し、好みの固さに調整しながら中材を入れる。その場でフィティングしながら、最終調整を行って完成。肩凝りや腰痛の改善にも良いとのこと。

世界中で今大人気の快眠アプリ

「本当に熟睡できる」と、今世界中で大人気の快眠アプリ。快眠CD等の音楽はもちろん昔からたくさんあるが、アプリのカスタマイズ力はそれ以上!自分の好きな音を自由に組み合わせられ、さらに視覚でも癒される映像が人気。高ぶった交感神経を沈め、一気に体を睡眠モードに連れていってくれる。

女性が快眠を重視する理由は、それによる美容健康効果

上記以外にも、快眠を目的とした商品やサービスは多い。マットレス、照明、パジャマ、アロマ、ヨガ、ストレッチ、ハーブティー等など。女性が快眠を大切にする理由、それはぐっすり眠った先にある以下の効果を得たいからだ。

  • 美肌
  • ダイエット
  • 疲労回復
  • 仕事の集中力
  • ポジティブな精神力
  • 心身ともに体調が良いこと
  • ストレスによる不調を招かないこと(自律神経失調症、月経不順等)

熟睡することでヘルスケアができるなら、女性の快眠欲は当然高くなる。快眠関連商品の販売では快眠による「期待できる効果」をしっかり伝えよう!

 

関連記事
■ふとんの西川の、新オープン眠り体験ショップは女子心くすぐる世界観
■ドコモ・ヘルスケアに学ぶ女性へのPR。今後は企業によるヘルスツーリズム
■寝ながらヘルスケアは人気。75万部販売の疲れとり首ウォーマー

一緒に読まれている記事