企業はLINE、Twitter、Facebookのどれを運用すべきか?

企業アカウントのLINE、Twitter、Facebook どれをフォローする?のランキング(ジャストシステム調べ 15歳~69歳の男女639名対象)。様々にあるSNSの中で、どのSNSで運用すべきか?に迷ったら以下のランキングを参考にしよう。

  • 第1位:LINE(47.5%)
  • 第2位:Twitter(18.9%)
  • 第3位:Facebook(10.4%)

5年後も継続利用していると思うアプリは?

続いて、同調査で「5年後も継続利用していると思うアプリは?」でのランキングは以下。

  • 1位 LINE(38.0%)
  • 2位がTwitter(3.4%)
  • 3位がYahoo!(2.2%)

今後LINEを上回るSNSが登場するかもしれないが、しばらくの間は企業のLINEマーケティングは期待ができる。一時期、企業の運用が非常に盛んだったFacebookはTOP3には入っていなかった。利用設定で公開情報を限定できる機能があるものの、プライバシーリスクが非常に高いFacebookは今後の伸びは難しそうだ。実際にSNS運用でFacebookを第1戦略と位置付けなくなった企業も増えてきている。

目的に合わせてアプリを利用していることを考慮しよう

年代やジャンルによって、「頻繁に使うアプリ」が異なることも考慮したい。

  • ビジネスマンはfacebookの利用率が高い
  • ファッション情報はインスタグラム
  • 若い女性が集まりやすいのがインスタグラム
  • 旬な話題探しはグーグルかツイッター

などそれぞれに様々な特徴がある。企業がアカウント開設・運用する際は、「話題になってるからわが社はこのSNSを使おう!」と短絡的に決めるのではなく、各SNSの特性や、見込み客との接点が期待できるものを選ぶようにしよう。

関連記事
■SNS話題1位!「年齢を重ねることを隠さない」女性の支持獲得
■TwitterでシェアされるURLの59%はクリックされない?
■【経産省】2015年EC市場規模13.8兆円、スマホ市場は意外な結果?

一緒に読まれている記事