【動画】インバウンド向けコト消費に商機!「食と農」のツアー開催

インバウンド消費が減速する中、インバウンド向けもモノ消費からコト消費への移行が急務になってきている。そんな中、農林中央金庫、ABC Cooking Studio、リクルートライフスタイル、農協観光の4社合同でインバウンド向け「食農グリーンツーリズムモニターツアー」が2016年7月18日~20日の2泊3日実施される。

今回で第2回目の開催。シンガポールのABCクッキングスタジオの生徒10名を招き、「食と農」をテーマに、東京・千葉・神奈川エリアを2泊3日で巡りながら、日本ならではの食と文化の体験をしてもらう。

日本食や日本の生活スタイルが今シンガポールでは浸透してきており、日本ブームは更に加熱している。あまり家で料理をする習慣がないシンガポールだが、子供の健康を考えた日本のキャラ弁や手料理が大人気になっているという。食だけでなく、日本の芸術や文化も浸透している。

4社は早期の商品化を目指す。第1回目の様子はこちら。

関連記事
■インバウンド消費減速、モノ消費からコト消費へのシフトが必要
■訪日外国人の消費動向調査。情報収集で活用したものTOP10

一緒に読まれている記事