子供の介護職体験が大好評!将来的な人材確保につながるか?

社会福祉法人あかね(兵庫・尼崎市)が開催する介護の職業体験イベント「キッザケア」が人気だ。第1回目、2回目ともに、募集開始からわずか1週間で定員オーバーとなるほどで、第3回目の2016年9月4日(日)の開催では合計100名の子供を募集する。保育士、介護士、看護師、管理栄養士の4つの職種から3職種を選び、体験できる。

本物の介護施設で行われるだけあって、子供たちは本番さながら本格体験ができるのが特徴だ。政府は「介護離職ゼロ」を重点課題として打ち出しているが、2025年には介護人材が38万人不足すると言われているにも関わらず、離職率の高さや人材不足の課題は依然と解消されないままだ。その対策に少しでも貢献できるようにという目的で開催される。


関連記事
■ケアマネージャー117人に聞いた介護の現場「困りごと」
■医療系のwebメディア「メリパ」スタート
■ソニー生命「増加する子育てと介護のダブルケア」を公開

一緒に読まれている記事