英ドラッグストア「ブーツ」、2017年に韓国出店を発表

英国の大手ドラッグストアチェーン「ブーツ」が、韓国市場参入を発表、韓国の大型スーパーとフランチャイズパートナーシップ契約を結んだ。品ぞろえで差別化を図り、ドラッグストア市場で勢力を伸ばす。

ブーツが展開するヘルス関連製品および化粧品だけでなく、韓国の大手ブランド製品を融合させた商品販売を計画している。「韓国はアジアのスキンケア、化粧品の主要な市場であると考えられる。我々は、この市場にブーツの自社ブランドのビジネス拡張の機会があると信じている」(引用元;美容経済新聞)

2017年上半期に最初の店舗をオープンする。

関連記事
■主婦はドラッグストアでも食材購入、から考える「使い分け消費」を理解しよう
■機能性表示食品の消費者意識調査 2016に見る、消費者インサイト
■クオール薬局、生活指導システム構築で「健康サポート薬局」

一緒に読まれている記事