何のサイトから買い物をする?通販利用者数ランキングTOP5

(2016年7月の記事を更新)
ニールセン(東京・港区)による、「どの通販サイトを利用して買い物をしているか?」に関する調査結果(参照:ニールセン 2016 「スマホユーザーの最新Eコマース利用動向」)

  • 1位:Amazon(3,339万人)
  • 2位:楽天市場(3,181万人)
  • 3位:Yahoo!ショッピング(1,876万人)
  • 4位:ニッセン(786万人)
  • 5位:オムニ7(741万人)

オムニ7はサービス開始からわずか半年で月間利用者数700万人超を獲得し、調査時には第5位となっている。アマゾンは「配送の利便性」「ページがシンプルで見やすい」点が楽天よりも高く評価されている。また、ポイント還元率に関しても楽天を支持する利用者は多い。しかし、日本でもアマゾンのIoTデバイスのダッシュボタンが発売されたことで、(配送の問題など課題はありつつも)アマゾンが国内EC市場の主役として更に楽天を引き離して独走することが予測される。

【編集部おすすめ記事】
【経産省】2015年EC市場規模13.8兆円、スマホ市場は意外な結果?
企業アカウントでフォローしてるSNSアプリTOP3は?
楽天通販の総合人気商品TOP20にランクインしたヘルスケア商品は?
健康・自然食品通販の成功事例 緻密な計算が女性の心を掴む
早急に見直しを!苦情殺到!健康・美容通販に騙される人急増
売れる食品スーパーマーケット、2つの新必須条件

一緒に読まれている記事