カラオケで介護予防、ビッグエコーの取り組み

カラオケ施設ビッグエコーを運営する第一興商(東京・品川区)は「音楽×体動かす×目で見る」介護予防教室を北海道函館市で開催する。

函館市が行う「平成28年度函館市介護予防教室事業」の一部を第一興商が受託しており、同市在住の65歳以上を対象としている。本事業では目的別の介護予防教室が開催されており、同社が担当するのは以下3つ。

  • 転倒骨折予防のための「転ばない!からだづくり教室」
  • 認知機能低下予防を目指す「わくわく!脳力アップ教室」
  • 口腔機能向上を目的とする「歌って♪お口元気アップ教室」

高齢者向けカラオケ機器「DKエルダーシステム」の音楽に合わせて、参加者は体を動かしたり映像を見たりする。DKエルダーシステムは全国各地の約20,000カ所の高齢者施設に導入されており、今後も定期的に予防教室を開催しながら、同社は健康寿命延伸に努める。

関連記事
■子供の介護職体験が大好評!将来的な人材確保につながるか?
■ソニー生命「増加する子育てと介護のダブルケア」を公開
■ケアマネージャー117人に聞いた介護の現場「困りごと」

一緒に読まれている記事