今年から始まった「山の日」は女性を振り向かせる新たな商機?

2016年から新たに加わった休日「山の日」、今年は8月11日(木)。この日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日だ。山の日はスポーツやヘルスツーリズム、ヘルスケアとの相性が良いので、今年は特に何も開催しない企業も来年以降は山の日にちなんだイベントや情報発信に取り組んでみてはいかがだろうか。女性のトレッキングブームの定着もあり、今後山の日イベントは女性の興味関心を引くキーワードになるだろう。

「山の日」への取り組み例

各企業やメディアでは山の日に関する話題を取り上げているので来年以降の参考にしてみよう。

50代からの旅と暮らしの雑誌ノジュール

7月号では、「50代からの山ハイク」と題して特集を組んでいる。

モンベルは各地で山イベントを開催

コアなファンづくりがうまいアウトドアスポーツ用品の製造販売を手掛けるモンベルは山の日にちなんで各地でトレッキングのイベントを開催する。

山の日記念全国大会in長野県

長野県松本市上高地では、山の日記念全国大会が開催される。協賛にチキンラーメン、モンベル、長野銀行、東京医科大学、清水建設、AEON、EPSONなどが並ぶ。

 

関連記事
■コアなファンづくりに成功している2社の取り組みとは?
■「健康寿命」とセット、注目新キーワードとは?
■何のサイトから買い物をする?通販利用者数ランキングTOP5

一緒に読まれている記事