予防医学推進に。太ってないのに生活習慣病になる理由、研究結果

アジア人に多い「太ってなくても生活習慣病になる」人の原因が、この度の順天堂大学大学院医学研究科の研究結果で、世界で初めて明らかになった。生活習慣病関連の研究はこれまでは主に肥満者を対象にすることが多く、非肥満者に関しては十分な解明がされてこなかった。

太っていなくても生活習慣病になりやすい人の特徴が明らかに

非肥満者の代謝異常予防を目指す上で、骨格筋インスリン抵抗性の改善が重要であることを示唆しており、我が国の予防医学を推進する上でも、極めて有益な情報。日本人で太っていなくても心血管代謝リスクを合併する人では、骨格筋インスリン抵抗性が病態として重要である可能性が明らかとなりました。骨格筋インスリン抵抗性に関連する因子として、従来から言われている内臓脂肪の蓄積の他にも、体力の低下、生活活動量の低下、高脂肪食などが浮かび上がってきました。これにより、太っていなくても代謝異常を来しやすい人では、減量の他にも、それらの生活習慣に特に注意を払う必要性が考えられます…続きはSankeiBiz

関連記事
■旅行は認知症予防につながるか?東北大と共同研究
■厚生労働省のヘルスツーリズム型保健指導プログラムが開始
■「夏太り経験」女性が約半数、夏終わりのマーケティング戦略に

一緒に読まれている記事