40歳以上は週25時間以上の労働で認知機能障害の可能性?

豪・メルボルン大学の研究機関によると、40歳以上で週25時間以上の労働は認知機能障害が起こる可能性があるということが、40歳以上の6000人の男女対象の調査で分かった(ライフハッカー)

最適な労働時間は男性は週25〜30時間、女性は週22~27時間で、これ以 上になると認知能力の働きに悪影響を与える可能性があるとのこと。労働時間の長さによるストレスがホルモンを通して認知機能に害を及ぼすという。ちなみに仕事のパフォーマンスが抜群に高い人々の労働時間は1日わずか5時間以下だった。

関連記事
■調剤薬局、マクドナルドで認知症カフェ定期開催
■認知症予防に関する意識調査。2025年の認知症人口は700万人
■認知症施策推進、厚生労働省の「新オレンジプラン」を理解しよう

一緒に読まれている記事