美容院の登録件数が最も多い都道府県、実は地方?

NTTタウンページ(東京・港区)は、 タウンページデータベース(職業別電話帳データ)を活用して様々な都道府県ランキングを発表しており、2016年7月29日には美容院に関するランキングを発表した。人口約10万人当たりの美容院登録件数でみるとTOP3は以下だった。

  • 1位:秋田県(207.14件)
  • 2位:鳥取県(199.30件)
  • 3位:山形県(198.32件)。

以降、 高知県、 島根県、 福井県と地方が続き、同時に、登録件数が少ないのは神奈川県、 埼玉県、 東京都、 大阪府など都市部。ここ10年間でこの傾向に変化はないという。地方に美容院が多い理由として、 技術を持った女性が自宅を改築して小規模の店舗を経営するケースが多いため。一方、都市部では店舗に複数のスタッフを置くなどの大型経営多いため、 必然的に店舗数は少なくなってしまうようだ。

関連記事
■371週連続、楽天ランクインの大人気!白髪ケア商品
■ママ美容師が主役の美容室がオープン、差別化が明確!
■半年先まで予約できない!超人気美容室「モテ髪師」の差別化戦略

一緒に読まれている記事