「第3の生理用品」が日本で定着するために配慮したいこと

2016年5月に、日本初の医薬品医療機器等法に基づく月経用カップが発売されたが、タンポンよりもナプキン派が多い日本で、タンポンと似た原理のこの生理用品は定着するだろうか?

月経カップとは?

月経カップとは、カップを膣内に挿入して経血を溜める生理用品だ。日本では全く馴染みがないが、欧米では50年前から使われておりナプキン、タンポンに次ぐ「第3の生理用品」として支持されている。一見すると「これで漏れることはないのか?」「挿入するのが怖い」という不安もあるが、12時間の装着が可能で漏れも匂いも気にならない。

医療用シリコーンのスクーンカップ特徴

今回発売されたスクーンカップは、医療用シリコーンで作られている。特徴は以下。

  • スムーズで継ぎ目のない、なめらかなボディのため挿入と取り出しが簡単
  • 12時間交換しないで使えるので、長時間トイレに行けない状況でも安心
  • 経血が空気に触れないため、ムレなどによる匂いが気にならない
  • 洗って何度でも使えるためエコ
  • 柔らかい医療用シリコーンでできているため「入ってる感」がない
  • 最大の許容量を可能にしてモレを防げる
  • 日本初の医薬品医療機器等法に基づいた月経カップ

慣れればとても便利であろう月経カップ。しかも繰り返し洗って使用できるので、エコだし節約にも貢献する。しかし、欧米同様に日本でも定着するかどうかはジャッジが難しいところだ。タンポンや月経カップといった挿入型生理用品の利用者は欧米では多く、米国では約半数の女性がタンポンを使用しているというが、日本ではナプキン派が圧倒的に多いからだ。それがわかるアンケート結果がある。

タンポン利用者はわずか2割

タンポン利用者はわずか2割という結果だ。

「あなたは、生理用品は主に何を使っていますか?」という調査では以下が明らかになった(マイナビウーマン調べ)

  • ナプキン:90.9%
  • タンポン:3.5%
  • タンポンとナプキンを使用:5.6%

やはり、ナプキン派は圧倒的に多い。

【ナプキン派の声】
・タンポンは挿入することに抵抗があるので、すぐ替えることができるナプキンを利用している(33歳)

 

・経済的だから。自分の手が汚れずに交換できるから(28歳)

 

・タンポンを使ったことがあるけれど、漏れるんじゃないかと常に心配で日常生活に集中できなかったから(25歳)

【タンポン派の声】
・ナプキンは蒸れてかぶれるので長年悩んでいましたが、タンポンに変えてから不快感もニオイもなく生理が少し憂鬱でなくなりました(32歳)

 

・漏れる心配がないから(33歳)
(引用元:マイナビウーマン)

スクーンカップ利用者の口コミ

では、実際にスクーンカップを購入した女性たちの口コミを見てみよう(アマゾン・カスタマーレビューより)

まずは、良い評価から

・タンポンもアプリケーター(筒)があるタイプを使っていたので出し入れが少し不安だったのですが、2〜3回でだいぶコツがつかめました。2日目〜3日目にかけては、やはり出血量が多く6時間ぐらいでオーバーフローしました。タイミングさえわかれば、トイレにポーチを持って行く必要もなく煩わしさがひとつ解消です。外出先での洗浄は、他の方も書かれていますがウエットティッシュで拭き取れば大丈夫でした。スキューバダイビングをするのですが、その時にもいい感じです。

 

・いろんな不快感がある生理期間で、股のベタベタがないだけで、かなり快適になります。届いたときは、予想より大きく、やばい入らない、、とあせりましたが、大丈夫でした。出す方がむずかしいですが、あせらず、力を入れなければ慣れます。プチ出産という感じです。でも痛くないです。爪が少しでも伸びていると引っかかって痛かったので、爪を伸ばしている人は不向きかも

 

・タンポン派でしたが、体内に入れる生理用品は身体に良くない成分を使用していると聞いていたので、購入してみました。ECOなところもいいですね 煮沸消毒は必須ですね。1番最初は、明らかにタンポンより入れ方が難しく、傷つけないか心配でした。やっとの思いでした。数時間後取り出してみると、しっかりカップに入っていました。痒みや、臭い、過剰なモレで下着など汚れてしまう悩みから解消されそうです。

次に、評価が低かった購入者のコメント

・エコだけどさ汚いじゃん血液だし布ナプキンで十分だ。わむりむり!

 

・漏れるし これだけでは不安。シリコンは埃がよくつきます

 

・普段からタンポンを使っているので、入れるのは比較的スムーズでした。最初少し入れ方が浅かったみたいで、咳をしただけでカップが降りてきてしまって慌ててしまい、次からはしっかり押し込むように注意しました。取り出しは皆さんの書き込み同様、ちょっと手間取ります。カップを凹ませて空気を入れるとありましたが、ちょっと凹ませたぐらいでは空気が入らないほど密着してしまい、入れる時と同じぐらい潰してやっと外れました。そこまで潰すと、取り出す時の汚れもすごくて…取り外した後を洗うのも、家族に見られず洗うのはタイミングもあるし気を使う…。タンポンの方が簡単に出し入れ出来て、捨てるだけだしずっと簡単だなーと。タンポンより優れてるいい点が、あまり感じられず正直使うことはもうないかと思います

 

ナプキンによるかぶれもあり、タンポンを使うほどの経血量もなく、なんとかならないかなぁと思っていたときに見つけて購入しました。痛みなく、使用感がなく快適です。ナプキンによるかぶれが、これで解決!と思っていましたが、少し弊害が。カップが奥に入っていってしまって、形の影響もあってかなかなか取り出しにくいです。取手に凹凸があるため、なんとか引っ張り出して取り出せました。なので、手前に装着していますが、どんどん入っていってしまうため、量が少なくても3~4時間で1度取り出して、また挿入です。使用中は快適で皮膚トラブルからは回避でき、その点は満足ですが、煩わしさと取り出せなくなったら、、、という不安

第3の生理用品定着のために必要なこと

全体的にスクーンカップを高く評価している人は多いが、低い評価をしている女性たちの意見は、挿入型生理用品利用者が多い日本においては、多くの女性がぶつかる問題と考えられる。この壁を乗り越えるための方法提案や商品改善ができれば、日本でも第3の生理用品として定着するかもしれない。便利といえば便利なのだから。

関連記事
■生理のアンケート結果から考える、競合他社との差別化方法
■2016年夏「ひんやり」市場は活況!商品例10選
■ドコモヘルスケアの生理用アプリ、日本サービス大賞で優秀賞

一緒に読まれている記事