急速に普及する美容製品、期待はインドネシア市場

見本市を運営する UBMがこの度発表したインドネシアの化粧品業界の傾向によると、インドネシアでは中産階級の急増で消費者の購買力が上がっており、ソーシャルメディアの活性化で美容製品が急速に普及しているという。

アジアの新興市場において中国、インドの後、インドネシア市場の成長は最も期待されている。インディーズ系の化粧品ブランドは新しいパイを追加しビジネスを活性化している。台頭する新しいブランドとして次の ようなブランドをUBMは紹介している。
 
Sugarpill
Morphe
Melt Cosmetics
Jeffree Star Cosmetics
Violet Voss
Makeup Geek
Girlactick
SauceBox Cosmetics
Gerard Cosmetics
EX1
Velour Lashes
ColourPop
Zoeva
Sigma Beauty

(引用元:美容経済新聞)

関連記事
■世界のラグジュアリー企業ランキング2016、トップ100発表
■英ドラッグストア「ブーツ」、2017年に韓国出店を発表
■販促アイディアに。販売実績15,394%UP?女性に大人気のイベント

一緒に読まれている記事