若年層の需要創出プロジェクト、利用者数11万人突破!

リクルートライフスタイル内の調査研究機関「じゃらんリサーチセンター」が昨年実施した若年層需要創出のためのプロジェクト「お湯マジ!」は会員登録数15万人以上、のべ利用者数は11万人を突破。まさに若年層需要創出の成功事例と言える。

画像引用元:お湯マジ(以下同じ)

画像引用元:お湯マジ(以下同じ)

「19歳から21歳までの若年層が各地の温泉施設を無 料で利用できるお湯マジ!」は今回で2回目の開催となり、2016年8月1日より受付を開始した。
今回は、草津温泉(群馬)、塩原温泉郷(栃木)、箱根温泉(神奈川)、黒川温泉(熊本)などが新たに参画する。

お湯マジ1

19~21歳になる若い世代がスマホアプリをダウンロードして参加登録をすることで、全国150以上の温泉施設や温泉宿泊施設が無料で利用できるようになるというもの。昨年の実施では登録者のうち8割以上がプロジェクトをきっかけに温泉施設を利用し、今後の利用意向に関しては9割が「利用したい」という結果になっているという。若年層需要創出の成功事例として、参考にしたい。

関連記事
■「忘れ去られた商品」に、再び消費者の興味を向ける方法
■時短コスメブランドが爆発的ヒット!発想もデザインもカワイイ!
■「女子旅EXPO」人気から見えてくる女性が「好きなコト」

一緒に読まれている記事