伊藤忠、ライザップブランドとライセンス契約。目標は20億円

伊藤忠商事(東京・港区)はフィットネスクラブのライザップ(東京・新宿区)とアパレル分野のライセンス契約を締結した。スポーツウェアを中心にライザップブランドの衣料品を伊藤忠が企画生産を行い、2017年春から大手スポーツ用品や総合スーパーで販売していく予定。3年後に小売上代ベースで20億円の売上を目指す。

関連記事
■フィットネスジム「続かない」を「続けたい」へ。後発でも目立つコツ
■伊藤忠、2016年健康対策費に数千万の予算化
■累計24万部突破に続いて、RIZAP新書を発売

一緒に読まれている記事