「食事の仕方は?」認知度ランキングと「食トレンドづくり」の秘訣

ファスティング、マクロビ、分食など食事方法のトレンドの移り変わりは激しい。今回の調査結果は「食事の仕方に関する認知度ランキング」(電通調べ 20~60代の全国の男女1000人)

  • 1位:ベジタブルファースト(45.4%)
  • 2位:低糖質な食事(40.0%)
  • 3位:ベジタリアン(32.3%)
  • 4位:ファスティング(31.1%)
  • 5位:グルテンフリー(30.1%)
  • 6位:マクロビオテック(27.7%)
  • 7位:分食(26.4%)
画像引用元:電通

画像引用元:電通

認知度1位となったのは「誰にとってもすぐに、簡単に、普段の食事内容を大幅に変えることなく始められる」ベジタブルファーストだった。

食関連の商品で女性たちに向け「新しい食トレンドや概念を広めたい!」と思ったら、ベジタブルファーストのように「すぐに・簡単に・普段の食事内容を変えることなく開始できる」など、生活に取り入れやすい要素をキーワードにアイディア発想をしてみよう。実践のハードルが低いことで習慣化しやすく、概念も定着しやすい。口コミでの拡散力も期待できる。

関連記事
■食品の効果・効能への関心度ランキングTOP10
■機能性表示食品の消費者意識調査 2016に見る、消費者インサイト
■食材別スーパーフードの認知度ランキング

一緒に読まれている記事