睡眠障害は脳卒中のリスクを高める?独の病院報告

睡眠障害を有するものは、睡眠問題がない者より、脳卒中か他の何かしらの負の結果をもたらす傾向が高い可能性がある」という。

ドイツ、エッセン大学病院の研究者らは、睡眠障害と脳卒中との関連を調査した結果、睡眠時の呼吸問題と脳卒中の発症リスクと回復が関連しているエビデンスを見出した。睡眠覚醒障害も、脳卒中リスクを増加し、回復を損なう可能性があったがただしこちらを証明するエビデンスは少なかった(引用元:Link de Diet)

睡眠市場の拡大は、脳卒中発症リスク低減に大いに貢献するかもしれない。

関連記事
■広がる快眠ニーズ。睡眠専門の「動画」通販サイトオープン
■女性の睡眠ニーズは今後も上昇。睡眠ビジネス事例

一緒に読まれている記事