ネスレの「認知機能低下予防の脳トレゲーム」が面白そう!だけど…

<読者様より情報提供頂きました。ありがとうございます>
ネスレ(兵庫・神戸市)の健康サービス「脳エクササイズBrainHQ」が認知機能低下予防に役立つという。

2016年7月24日(日)カナダの国際アルツハイマー病会議でBrainHQが認知能力低下に効果があることが発表された。米国Posit science社が脳トレゲーム『BrainHQ』を開発・販売し、日本国内ではネスレ日本が独占販売権を持つ。

画像引用元:ネスレ

画像引用元:ネスレ

無料お試しをしてみようと思ったら…

BrainHQは科学的根拠に基づいた脳を鍛えるエクササイズで、まるでゲームのようで面白そうだ。利用料は月額¥2,160~。ウーマンズラボ編集部でも試してみようと思い、無料お試しを申し込もうとした。が…、あまりにも記入欄が多く、ページを開いてすぐ断念してしまった。しかしどんな内容なのか気になる。

脳トレはビジネスパーソンにも受け入れられそうだ

例えば以下画像の「重要なことに集中しながら、その他の重要でない情報を排除する能力を鍛えることができる」はビジネスパーソンでも興味深い点だろう。IQが高い人や歴史上の偉人たちに共通することのひとつが「ひとつのことに集中する能力に長け、それ以外のことは一切気にならない(=気が散らない)」。こちらの脳トレでそんな能力が手に入るかもしれない。700以上の種類・レベルがあるというから驚きだ。

ネスレの脳トレ2

脳トレというとどうしても「シニア向け」と思われがちだが、ビジネスパーソンの脳トレとしても使えそうだ。

サイト上からは面白そうな雰囲気がよく伝わってくるのだが、「実際にどのようなトレーニングができるのか?」を、申し込む前にお試しできる環境があるとありがたい!もしくは、動画で一部公開など。「これやると頭良くなるぜ!」と、一気に拡散されるかもしれない。

関連記事
■旅行は認知症予防につながるか?東北大と共同研究
■調剤薬局、マクドナルドで認知症カフェ定期開催
■認知症予防のウォーキングウォッチ発売。歩幅は認知機能低下に関係あり

一緒に読まれている記事