ナイキのキャンペーン「身の程知らず」が賛否両論。あなたはどう思う?

ナイキ(東京・品川区)は、2016年8月1日(月)より、無限の可能性を信じた挑戦をサポートするメッセージ、“JUST DO IT. #身の程知らず”キャンペーンを行っており、動画や、デジタル上のチャレンジプロジェクト、イベントなどを通じて、展開。

8月21日にはナイキチャレンジプロジェクトのクライマックスとなるイベントを都内各所で開催した。イベントに参加するにはナイキシューズの着用が条件となる。

画像引用元:NIKE

画像引用元:NIKE

さてこちらのキャンペーンでナイキが展開しているCM、賛否両論だ。絶賛する声もあれば、中には「二度と買わない」「友達にもナイキ動画を送って買わないように推奨した」「ぶきみ」というきついコメントまである。CMは7月末から放送開始され、動画は2週間前に公開、再生回数は300万回超え。動画のコメント欄も賛否両方の意味で盛り上がっており、またNAVERまとめや他サイトでも「賛否両論」について取り上げられている。「話題づくり」としては成果が出たと言えるのでは。

日本の社会を反映しており、多くの大人に勇気を与える内容だという声も多く、ウーマンズラボ編集部も同感だ。読者の皆さんはどう感じるだろう?

念のため  「注意!最近トレンドの毒舌系広告「ウザい」、不快感覚える女性多数」も確認しておこう。

関連記事
■SK-Ⅱ「もう一度夢を見よう」、感情マーケティングがうまい!
■注意!最近トレンドの毒舌系広告「ウザい」、不快感覚える女性多数
■女性向け超定番商品なのに「知らない」が多数、という事例

一緒に読まれている記事