更年期世代に支持され続ける「命の母」、スキンケア市場へ

更年期世代の女性に長年支持され続けている「女性保健薬 命の母A」で知られる小林製薬(大阪・大阪市)の「命の母」ブランドから、スキンケアシリーズが2016年9月より発売される。

女性保健薬 命の母Aは、更年期のホルモンバランス・自律神経の不調による諸症状に効果があり、閉経前後の女性ホルモン減少による心身の不調をサポートする。命の母ブランドは1903年、約100年の歴史を持つ。

『命の母』スキンケアシリーズは、更年期世代からの肌バランスを整えるための独自処方を取り入れたスキンケア製品で、更年期を迎えることで「いつも使っている化粧水が急に肌に浸透しなくなった」、「肌がごわついて硬くなった」、「化粧ノリが急に悪くなった」などの悩みに応える。

関連記事
■正しく女性ニーズを掴むために。女性の閉経・更年期を理解しよう
■50代女性の美容ニーズに応えるには「一点型」より「全体型」
■更年期5大症状の一つ「不眠」訴求は高い関心?

一緒に読まれている記事