数万円の自己負担額が600円に!肝線維化診断システム、経産省大臣賞

企業、大学、公的研究機関等の産学官連携活動において特に大きな成果を収めた14のグループが、内閣総理大臣賞をはじめとした12の賞を受賞。2016年8月26日(金)に東京ビックサイトで表彰式が行われた。

受賞の一つ、経済産業省大臣賞を受けたのは、産業技術総合研究所(東京・千代田区)とシスメックス(兵庫・神戸市)による「世界初・糖鎖を使った肝繊維化診断システムの実用化」。肝炎から肝硬変に至る肝臓の繊維化の進行度を迅速に判定できるシステムで、以下が実現する。

  • 検査結果の短縮化(数日間の入院が、即日20分以内に
  • 検査費用の自己負担減額(1件あたり数万円が600円に
  • 医療費節約(患者あたり650万円かかる治療薬の適切な治療指針判定が的確にできる)

関連記事
■支払い2億円!?米調査、入院「自己負担金」5年で40%急増
■睡眠障害は脳卒中のリスクを高める?独の病院報告
■タイ、医療ツーリズムで観光客を呼び込む

一緒に読まれている記事