スーパーフードを取り入れる目的は?訴求には美容よりも健康を

アサイー、スピルリナ、チアシード、ココナッツオイルなど次から次へと登場するスーパーフード。一時的なトレンドとして終わることはなさそうだ。女性の間で美容と健康をサポートする食材として定番となっている様子がわかるアンケート結果がある(美的10月号  美的クラブメンバー50人)

スーパーフードに関するアンケート

Q1.スーパーフードを毎日の生活の中に取り入れていますか?

  • Yes(76%)
  • No(24%)

もはや、スーパーフードは一過性のトレンドではなく定番商品だ。

Q2.具体的にスーパーフードを何で取り入れていますか?

  • 1位 食事(78%)
  • 2位 コスメ(9%)
  • 3位 サプリメント(5%)
  • 4位 その他(8%)

圧倒的に多いのは、食事と合わせた摂取スーパーフードの栄養効果をたっぷり効率よく得るために、加工されたサプリメントよりも素材そのままで食べたいというニーズと、食事と合わせやすい手軽さ、が理由だろう。まだまだ少数派だが、スーパーフードの成分入りのコスメを使用している女性も。まだまだ商品数は少ないが、今後需要が拡大していくと見られる。

Q3.スーパーフードを取り入れる目的はなんですか?

  • 1位 健康(35%)
  • 2位 美肌(31%)
  • 3位 ダイエット(18%)
  • 4位 疲労回復(8%)
  • 5位 その他(8%)

今の女性は「健康あってこそのキレイ」を理解している。「これさえ食べていれば・飲んでいれば・使っていればキレイになる!」という訴求よりも、「健康力を上げて美肌を作る」などと言った、健康ファーストでの訴求が良いと言える。特に、経験的に理解しているアラサー以降を狙うなら意識したい。

明確な定義がないからこそ、今後更に市場拡大が見込まれる

スーパーフードは特に明確な定義はなく、「栄養バランスが良く、一般的な食品より栄養価が高い、あるいは健康的な成分が突出して多く含まれている」と、広義に解釈・認知されているため、今後も様々な食材が国内外問わず注目を浴び話題を集めていきそうだ。

機能性表示食品制度が始まったことがスーパーフードの市場拡大を後押しするのはもちろん、上記のアンケート結果からもわかるとおり、スーパーフードを使ったコスメも注目を集め始めている。コスメ、ヘアケア用品などの美容アイテムとして、今後はスーパーフードの横展開も加速しそうだ。

2016年のスーパーフード注目素材

健康美容エキスポによると2016年の注目のスーパーフードは以下。あわせて「食材別スーパーフードの認知度ランキング」もチェックしておこう。

画像引用元:健康美容エキスポ

画像引用元:健康美容エキスポ

関連記事
■食材別スーパーフードの認知度ランキング
■「食事の仕方は?」認知度ランキングと「食トレンドづくり」の秘訣
■ニューヨークでは流行の兆し?最新の朝食トレンド

一緒に読まれている記事