ティップネスとの連携で未病患者へのフィットネスメディカル構築

医療系のサービス開発を行うスマートメディカル(東京・千代田区)は日本テレビホールディングス(東京・港区)と、ティップネス(東京・港区)を割当先とした第三者割当増資により、2016年8月に資金調達を実施。

スマートメディカルは今後ティップネスとの連携により、未病患者や生活習慣病有所見者に対して「フィットネス&メディカル」の新たなビジネスモデルの構築を目指す。他、音声気分解析技術 (音声等から気分状態を測定するアプリ)を活用した新たな健康管理・フィットネスプログラムやICTサービス開発を展開していく。

関連記事
■中国政府、2025年までにフィットネス市場「約85兆円」規模に
■婦人科医監修、女性ウケ抜群の女性専門フィットネス
■TSUTAYAがメディカルフィットネス開設。医師アドバイス

一緒に読まれている記事