化粧品パッケージ、3つの国際的トレンド

化粧品の商品開発における最近のパッケージのトレンドを、国際ビジネスメディア企業UBMアジアは「3つ」としている。女性を惹き付けるのは、商品そのものの魅力だけではない。パッケージが醸し出す雰囲気や世界観も重要だ。

世界の化粧品包装業界の市場は2014年で243億ドルと報告されており、2020年には314億ドルに達すると予測されている。今注目のトレンド3つは以下。

1.環境を配慮したパッケージング
簡易包装といえば、従来は安価で低品質のイメージが先行していたが、最近はプレミアムブランドが金属製に変わって採用し始めている。竹のような持続可能な木材の素材や高品質な再生プラスチックなどの開発を強化している。

2.K-POPに代表される遊び感覚があるパッケージ
韓国の“かわいい”カルチャーからの影響を受け、ユーモラスで遊び心のあるパッケージがメインストリームに入ってきている。パンダ、ウサギ、トラなどの動物をイメージした梱包のほか、マカロンのようなキュートなお菓子の形状が出てきている。

3.先端技術を駆使したスマートなパッケージ
高度なバーコード技術、迅速な応答コード、近距離無線通信(NFC)ラベルなどスマートでインタラクティブなパッケージが化粧品にも付加されてきている。
(引用元:美容経済新聞)

関連記事
■女性の共感相次ぐ、化粧品企業のテレビCM
■2015年設立の化粧品開発のRPB、卸店舗数8000店。人気の理由
■化粧下地で最も低い評価だった化粧品は…?

一緒に読まれている記事