Twitter、Facebook、Instagramそれぞれ、何目的で使用している?

スマホユーザーはどんな目的で各SNSを使用するのか?という調査結果(ニールセン調べ 全国13歳~69歳の男女、計2,989人を対象)。SNS広告の出稿や、自社のSNS運用の参考にどうぞ。

画像引用元:ニールセン

画像引用元:ニールセン

調査結果概要

  • 3サービスともに、第1位の利用目的は「退屈しのぎ」
  • 「正確な情報を得られる」は3サービスとも最も低く5%以下
  • センス良い画像が見られる」「面白い画像あり」「感性を刺激される」の3項目でトップはInstagram
  • 流行や話題を知れる」「最新情報を得られる」「世の中の出来事を知れる」の3項目でトップはTwitter
  • 他2サービスと比較してfacebookは劣勢

年齢によってよく利用するSNSサービスに違いはあるが、SNSごとに利用目的が異なることも理解してSNSを活用したマーケティングに取り組みたい。「生活者は企業運営のウェブサイトやメディアではなくSNSで新しい情報を集める」と言われているものの、上記からも分かる通り、SNSで「正確な情報を得られる」と考えている人は少ないようだ。

関連記事
■企業はLINE、Twitter、Facebookのどれを運用すべきか?
■女性が見られたい年齢は、実年齢マイナス何歳?店頭やwebでの訴求に
■何のサイトから買い物をする?通販利用者数ランキングTOP5

一緒に読まれている記事