【動画】世界自殺予防デーを前に公開、LGBTQの自殺率は4倍

米国の非営利団体Mythic Bridgeは2016年9月10~16日の自殺予防週間に合わせてLGBTQ(※)の若者を救うキャンペーン動画を公開した。動画の主人公は自分がゲイであることを告白、家族に言われた言葉に深く傷つき悩む。「こんな僕でごめん。愛してる」と言い残し、飛び降りてしまう。LGBTQの人は、そうではない人に比べ自殺率が4倍にもなるという。

(※)LGBTQ
レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーをさす。性的指向や性自認が揺れ動いたり定まっていな人を、Q(クエスチョンニング)としている。(引用元:ハフィントンポスト)

関連記事
■「要介護の高齢者数」2013年以降、増加の伸びが男女ともに縮小へ
■参入相次ぐ「ちょい飲み」、女性に支持される理由

一緒に読まれている記事