女性の需要が大きい「統合医療、補完・代替医療」、正しく理解してる?

(2016年9月の記事を更新)
近代西洋医学と比較して科学的な立証データやエビデンスの少ない代替医療や伝統医学、民間療法による補完・代替医療は、西洋医学で診療を行う医師からはまだまだ煙たがられることも多いしかし西洋医学だけに頼らず、様々な方法で病気の治療や不調の改善を図る女性は多い

多くの女性にとって統合医療は身近な存在

すでにがんなど何かしらの病気に罹患している場合は、補完代替医療のみに偏って完治させようとするのは危険だが、不定愁訴を感じやすい女性にとって統合医療、補完・代替医療は、病気や不調がない時も含め日頃から頼れる身近な存在だ。特に認識していないくても、実は日常的に利用している女性は多い。統合医療や補完・代替医療(※)は、これからは、医学の世界に身を置くものだけではなく、ヘルスケアビジネスに従事する者にも必要とされる概念だ。

(※)統合医療、補完・代替医療
統合医療とは、近代西洋医学と補完・代替医療や伝統医学等とを組み合わせて行う療法のこと。では、補完・代替医療、伝統医学とは何を指すのか?厚生労働省では以下のように例を挙げている。補完・代替医療、伝統医学と聞くと、難しい印象があるが、実際はどれも生活に馴染んでいる身近なものばかりだ(参照元:「統合医療」情報発信サイト利用マニュアル 2016 厚生労働省)

  • 食事療法
  • サプリメント
  • 鍼灸
  • 温熱療法
  • マッサージ
  • 骨つぎ、接骨
  • 整体
  • カイロプラクティック
  • アロマテラピー
  • 音楽療法
  • 温泉療法
  • 森林セラピー
  • ヨガ
  • 気功
  • アニマルセラピー
  • 園芸療法
  • 漢方
  • アーユルベーダ
  • ホメオパシー
  • 足つぼ
画像引用元:厚生労働省

画像引用元:厚生労働省

安全な統合医療浸透のための様々な取り組み

2011年度に厚生労働省が「『統合医療』のあり方に関する検討会」を開催。以降、安全な統合医療を広めることを目的に様々な取り組みが進められている。統合医療に関する科学的知見の集積、医療関係者・一般向け両方への情報発信などだ。厚生労働省では「統合医療情報発信サイト」を運営している。

画像引用元:統合医療情報発信サイト

画像引用元:統合医療情報発信サイト

疑念を持たれやすい補完・代替医療、しかし大きな可能性あり

がんの補完代替療法クリニカル・エビデンス

国による統合医療に関する科学的知見の集積が進む中、学会からもエビデンスに関する解説本が2016年に出版されている。がん患者を対象にしている内容で、健康食品、アロマテラピー、音楽療法、ヨガなどが、がんに伴った身体症状にどのような作用をもたらすか?などが書かれている。医療従事者向けだが、「本当にそれって効果があるの?」と疑念を持たれやすい補完・代替医療に実は大きな可能性があることが理解できる。

統合医療展は年々注目の展示会に

医療とヘルスケア産業をつなぐ展示会と題した「統合医療展」。様々なヘルスケア企業が出展、セミナーも興味深い。次回は2018年1月24〜25日。

【編集部おすすめ記事】
認知症予防に関する意識調査。2025年の認知症人口は700万人
在宅医療普及がなぜ求められるのか?今後必要なことは?
アロマ市場規模拡大するも、商機が見込めないアロマ分野は?
低価格志向でも、価格高めのオーガニック市場は拡大中
高まる女性のアイケアニーズ 店舗サービス事例5
2016年化粧品市場規模2兆円から考える、女性の心を掴む戦略

一緒に読まれている記事