ママは毎日何にストレス感じてる?「完璧ママやめました!」宣言

エフォートレスファッション、エフォートレスメイク、エフォートレスダイエット…。ファッションやメイクのカジュアル化がトレンドの近年、ライフスタイルそのものも「頑張りすぎない」「自然体でいること」が主流に。小さい子どものいる主婦の間では、「エフォートレスママ」なんて言葉が誕生するかもしれない。「肩肘張らずに自分のペースで心地良いことをしたい」というニーズは、「しっかりした母親でいたい」と思うママたちにだってもちろんあるのだ。

良い母親にならなくては!がストレスになることも

30代のママ層をメイン読者とするファッション&ライフスタイル雑誌、VERY10月号(光文社)では、「いい母の定義なんて、誰が決めた!?」の記事で、同誌のモデル兼ママたちが宣言した「これやめました!」を掲載している。

ママたちは「良い母親にならなくてはいけない」という完璧な母像に縛られがちだ。しかし仕事に家事に大忙しのママたちにとって、全てを完璧にこなすのは想像以上に大変だ。栄養満点の手作りご飯、無添加手作りのおやつ、誰に見られても恥ずかしくない可愛いキャラ弁作り、子どもと遊ぶ時間の確保、家事・育児のために365日毎朝早起き、SNSに家族写真をアップ…。

ママは毎日何に、お疲れ気味なのか?

全てに全精力を注いでいたら1日24時間では足りないし、体力も精神的にも持たない。SNS上では、ファッションも子供のお弁当も子供のホームパーティも完璧なママたちで賑わっているが、本当は全てを頑張ることに疲れているママたちもいるのだ。同誌モデルの「やめた宣言」から、ママたちがどんなことを日々頑張っていて、でも本当はどんなことにちょっとお疲れ気味なのか?が見えてくる。

「お弁当を頑張るのやめました」

お弁当のことだけではないですが(中略)、ちゃんとできない自分に落ち込んだり、自分を責めたり。息子に対して一生懸命やったつもりでも、想像と反する反応をされたり、思うように行動してくれないとイライラし、自分の育て方が間違ってたんじゃないかと思う始末。でも「こんな状況で、息子だって楽しくないよね。

そんな気持ちから、ちゃんと、ちゃんと、をやめちゃったんです。お弁当作りだって、適当に済ませてしまう日があったっていい。いつもいつも栄養のバランスを考えた素敵な料理ばかりでなくていい。休日だって、時にはお昼まで寝てたっていい。仕事や外出で疲れてしまった日「今日はカップラーメンにしようか?」と問いかけると、小躍りして喜ぶ息子。そんな日があったほうが、「むしろ母と子の距離が近くなるんじゃないかな」と思えるようになりました。

「頑張りたい!」と思える日は、とことんがんばるし、「今日は無理」と思う日は、自分の気持ちを優先させる。なによりも、どれだけたくさん息子と笑い合えるかを大切にしたいと思っています。by鈴木六夏さん(引用元:VERY10月号)

「なんでも手作り、やめました」

子どもには母の手作りのものをもたせてあげたい!という気持ちが、気づけばコストも労力もかかり、私のストレスのひとつに。それに気づいてからは、夜なべしてまで手作りに固執することをやめて買うことにしました。子どもたちと一緒に選ぶ時間も、また楽しい時間に。by佐藤純さん(引用元:VERY10月号)

「子どもの前で酔っぱらわないの、やめました」

気心知れた友人とお酒を飲むことが大好きですが、子どもの前では酔っぱらった姿を見せないよう、自分をセープしてきました。当たり前のことですが、それって、私なりの我慢

子どもたちが10歳を過ぎた頃から、そんな自分も見せていこう!と酔っぱらわないようにすることをやめました。楽しんでいる姿を見て、子どもたちも楽しそうにしてくれています。by中林美和さん(引用元:VERY10月号)

「週末は早起き、やめました」

朝寝坊したい週末も朝食を用意することは、母として否めない任務と思っていました。だけど、母だって人なんだから疲れてる!ある日から、「日曜日の朝は、ママは起きない宣言」を。なので週末の朝食は、我が家はセルフです。

そのおかげで、疲れからくるイライラは解消。9歳、10歳になる2人の娘たちも試行錯誤で、お料理ができるようになり、自立への一歩としても役に立っているかなと思います。byクリス・ウェブ佳子さん(引用元:VERY10月号)

「女子旅&飲み会に罪悪感を感じるのはやめました!」

最初の頃は「頼ってはいけない」「手を抜いてはダメ」という気持ちが強く、頑張り過ぎていたんですね。もちろんストレスはたまる一方、夫婦喧嘩も増え、気がつけば夫婦の雰囲気も悪いものでした。ある4人の子どもを持つ女優さんが「大変だったら助けてもらえばいい」と話す声をテレビで聞いた瞬間、スッと気持ちが軽くなった日がありました。

それ以降、主人が息子を見てくれる日は、女友達と飲みに行くことを解禁。私が外出するようになったことで、主人も友人に誘われゴルフなどに気兼ねなく出かけられるようになり、お互いの我慢を解消。おかげで夫婦喧嘩も減り、人にも優しくなれました。今のこのペースが私にはちょうどいいみたいです。by小林明実さん(引用元:VERY10月号)

関連記事
■マーケティングに役立つ「ママ」「ノンママ」の違い比較
■働くママの出産後の仕事意欲の変化に伴い、うまれるニーズとは?
■マーケティング戦略に役立つママの多様な働き方・生き方への理解

一緒に読まれている記事