健康オフィスに。疲労軽減用のデスク発売

健康経営を取り入れる企業や、デスクワークが中心になりがちなIT企業では社員の健康を重視した環境づくりや仕組みづくりを積極的に行っている。そのような企業に向けてこの度、サンワサプライ(岡山・岡山市)から発売されたのが電動で上げ下げができる電動スタンディングデスク。

長時間の座りっぱなしは喫煙より危険だと言われています。1日の大半を座ったまま過ごしていると、循環器系への働きかけが弱くなることで血流が減少してしまい、肩や背中、腰などに疲労が蓄積し様々な病気のリスクも高まります。天板の高さを変えて「立つ」「座る」を繰り返すことで、運動不足対策、また、眠気解消や仕事のリフレッシュなど、様々な効果を得られます。(引用元:サンワサプライ)

関連記事
■【経産省】健康経営優良法人(ホワイト500)制度をスタート
■ベネフィットワン・ヘルスケア「健康ポイント事業」、100団体導入目指す
■企業の健康経営は社員に届いてない?まず取り組むべきは…

一緒に読まれている記事