【総務省】睡眠時間ランキング 47都道府県別

(記事公開2016年9月,最終更新2017年5月)
日本の平均睡眠時間は7時間42分に対し、最も睡眠時間が長いのは秋田県で最も短いのは神奈川県だった(参照:総務省 2016 「社会生活基本調査から分かる47都道府県ランキング」)

「秋田美人」の語源には「日照時間が短いため、日焼けしづらく白肌を維持しやすい」ことが関係しているともいうが、睡眠時間が長いことも美人の条件なのかもしれない。他都道府県のランキングは以下。

  • 1 位 秋田県  8:02
  • 2位  青森県  8:01
  • 3位  高知県  8:00
  • 4位  山形県  7:57
  • 5位  福島県  7:55
  • 6位 岩手県、新潟県、島根県  7:52
  • 9位  長野県、熊本県、鹿児島県  7:51
  • 12位  和歌山県  7:50
  • 13位  宮城県、石川県  7:49
  • 15位  北海道、福井県、鳥取県  7:48
  • 18位  山口県、佐賀県、宮崎県  7:47
  • 21位  茨城県、富山県、徳島県、福岡県  7:46
  • 25位  栃木県、山梨県、香川県、愛媛県、大分県  7:45
  • 30位  群馬県、三重県、京都府、長崎県  7:44
  • 34位  岐阜県  7:43
  • 35位  静岡県、愛知県、滋賀県、岡山県、沖縄県  7:42
  • 40位  大阪府  7:40
  • 41位  東京都  7:37
  • 42位  広島県  7:36
  • 43位  埼玉県  7:35
  • 44位  千葉県、兵庫県  7:34
  • 46位  奈良県  7:33
  • 47 位 神奈川県  7:31

【編集部おすすめ記事】
シエスタ望むビジネスパーソン7割、昼寝ニーズ拡大に商機
不眠症の疑いありは6割!東京都が最多に
【最新】47都道府県の平均寿命ランキング
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【2017年最新】日本の死因順位発表 近年変化している「3大死因」

一緒に読まれている記事