今年からじわじわ女性に人気の「ベジヌードル」

スライサーで細切りにした野菜を麺にして様々なレシピアレンジをする「ベジヌードル」。2015年の夏ごろから少しずつ広まりはじめ、2016年5月20日(金)のNHKの番組で取り上げられたことをきっかけに、じわじわベジヌードルが広がり始めている。

ベジヌードルとは野菜麺

ベジヌードルとは、「ベジタブル×ヌードル」を掛け合わせた言葉で、野菜を麺のようにカットしたものだ。ニンジン、きゅうり、ズッキーニなど様々な野菜で楽しめる。

ベジヌードルの魅力はヘルシーで栄養バランスが良いこと

ラーメン、パスタ、うどんなど麺好きな女性は多いが、同時にカロリーやGI値の高さが気になり、ダイエッター女性は避けがちな傾向にもある。そこで一時流行したのが、カロリーや糖質を大幅に抑えることができる、こんにゃくを麺に使ったパスタだ。

その進化版とも言えるのがベジヌードル。こんにゃく麺のように麺の種類は1種類だけでない。野菜の数だけ麺の種類も変えられるため、飽きもこない上に見た目も美しい。ベジヌードルが女性に評価されている点は以下だ。

  • 低カロリー
  • 低糖質
  • グルテンフリー
  • 様々な野菜を組み合わせれば栄養バランスの良いパスタレシピ
  • 見た目が華やかになる
  • 簡単に料理できちゃう

 

 

ベジヌードルはヘルシーさだけでなく、コールドプレスジュースや、チョップドサラダ人気と同じく、「見た目の美しさ」のポイントが高く、それがまた女子ウケの要因になっている。SNS映えするからだ。「グルテンフリーのベジヌードルレシピ」書籍が今年6月に発売されている。

関連記事
■続くサラダ専門店人気。ニューヨークスタイル登場
■外食産業の動向はヘルシー食。ヘルシー飲食店出店で気を付けたいこと
■女性ウケの工夫が満載!ハンドブレンダ―でヘルシー食

一緒に読まれている記事