7,900名の子供が参加するイオンのチアーズクラブ、本格開始

イオン(千葉・千葉市)は2016年9月より、環境学習の一環として子供たちが継続的に農業体験できる「イオン チアーズクラブ ファーマーズプログラム」の本格開始をする。

農業や環境との関わり、植物の仕組みなどを1プログラムあたり3~4回のカリキュラムで学べる。各地のイオン直営農場で実施する。第1回を2016年9月22日(木)に開催、以降今年は10月、11月に開催する。イオンチアーズクラブは、小学校1年生から中学校3年生までの子どもたちを対象に、環境に関する学習や体験の場を提供しており、現在全国約440クラブ、約7,900名が参加する。

関連記事
■丸亀製麺のトリドール、農業法人設立。障がい者雇用も
■寺田倉庫「農業・健康」事業で江戸東京野菜を栽培
■機能性で冷茶ブーム追い風。女性客を増やす工夫で消費拡大

一緒に読まれている記事