世界に2社しかない肺炎予防ワクチン価格引き下げ 1社は適用、1社は拒否

MSF(国境なき医師団)は7年にわたって、世界に2社しかない肺炎予防ワクチンのメーカー、GSK(グラクソ・スミスクライン社)とファイザーに対し、難民を対象に活動する人道援助団体が、肺炎球菌結合型ワクチン(PCV)をより購入しやすい価格にするよう、協議を続けてきた。

ついに2016年9月19日(月)、ワクチンの価格引き下げを適用することをGSK社は決定。MSFはその決定を歓迎すると共に、もう一社のワクチン製造企業ファイザーに対しても最低価格の適用を求めている。

肺炎は小児死亡率の世界的な主因で、毎年100万人弱が命を落としているが、本来肺炎はワクチンで予防できる病気だ。

MSFインターナショナル会長のジョアンヌ・リュー医師は「GSKは命の危機にある子どもたちに対する重要な一歩を踏み出しました。この価格引き下げによって、緊急医療の現場では、ようやく、子どもたちをこの致命的な病気から守る活動を拡大できるようになります。GSKは、今後もワクチン価格の低減努力を進めて、肺炎から子どもたちを守る費用を出せないでいる多くの途上国も、低価格での購入対象に加えていただきたく思います」と話す。(引用:国境なき医師団)

MSFは両社に対し、ワクチンの価格引き下げを求める署名運動を実施し、170ヵ国から41万6000以上の署名を集め、2016年5月にファイザーとGSKに提出した。GSK社は価格引き下げをこの度適用することを発表したが、ファイザーはこの要望を拒否し続けている。

関連記事

■ネスレの「認知機能低下予防の脳トレゲーム」が面白そう!だけど…
■予防医学推進に。太ってないのに生活習慣病になる理由、研究結果
■カラオケで介護予防、ビッグエコーの取り組み

一緒に読まれている記事