資生堂初の機能性表示食品 3人に1人の「肌悩み事」に応える

顔や体の乾燥肌に悩む人向けに、資生堂(東京・港区)は2016年9月21日(水)より、機能性表示食品「飲む肌ケア」を発売する。飲むだけで顔と体の水分を逃がしにくくする、新しい乾燥ケア。資生堂初の機能性表示食品となる。

同社調査によると、25~39歳の女性の気になる顔の肌悩みは、3人に1人が「乾燥」で、体の肌悩みでも63%が「乾燥」と回答しているという(2016年2月資生堂調べ、 n=2,987名)

関連記事
■30~40代のニーズ反映、資生堂×セブン&アイ共同のPBコスメ
■資生堂、発売2年で242万個売上で好調。売上・リピート率No.1
■冬の新たなPRに!肌乾燥「冷え」が原因?知らない女性多数

一緒に読まれている記事