【消費者庁】日本サプリメントのトクホ表示全品の許可取り消し

トクホ許可に必要な成分が含まれていないことが判明したことから、健康食品メーカーの日本サプリメント(大阪・大阪市)は、特定保健用食品(トクホ)の全製品の販売を終了する。

消費者庁は2016年9月23日(金)に、同社の6商品の表示許可を取り消した。通販新聞の記事によると、同社の6商品は売上の95%を占めるという。外部から同社へ指摘があり、自主検査を行ったところ、問題が発覚した。

関連記事
■早急に見直しを!苦情殺到!健康・美容通販に騙される人急増
■資生堂初の機能性表示食品 3人に1人の「肌悩み事」に応える
■どうすれば女性生活者は自社製品に振り向いてくれる?

一緒に読まれている記事