健康キュレーションメディアがまた登場…もっと明確な違いが欲しい

健康系メディアが次々に登場する中、またまた健康キュレーションメディアが登場した。

画像引用元:リンククロスシル

画像引用元:リンククロスシル

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(東京・新宿区)は、健康を軸とした、キュレーションメディアLinkx siru(リンククロス シル)を2016年10月11日(火)より提供開始する。DeSCヘルスケア(東京・渋谷区)との業務提携に基づき両社のノウハウを活かしている。最先端のICT技術を活用しユーザー一人ひとりが読む記事の傾向を学習し最適な記事を配信する。

医師のコラムを読めたり、日々の歩数を記録できる他、様々なイベントやキャンペーンを実施する予定。今後も健康系メディアは次々に登場すると思われるが、その数はあまりにも多いため、ユーザーからすると「どれも似たり寄ったり」斬新さも何もなくなりつつある。もう少し、「他メディアとの明確な違いや魅力」があれば嬉しいのだが。リンククロスシルという名前も読みづらい上に覚えづらい…。

関連記事
■10~60代女性、何のメディアを何時頃に何時間使ってる?
■キュレーションメディア人気ランキングTOP5、第1位はヘルスケア分野
■コンテンツ発信&ユーザー交流型健康メディア誕生。人気の特徴は?

一緒に読まれている記事