人間の寿命は115歳が限界 米研究報告

人間の寿命は115歳が限界、との研究結果がニューヨークのアルベルト・アインシュタイン医学校の研究チームより発表された。研究者らは全世界の老化傾向との死亡率の関連を調査。

古い時代からの生活環境や食の改善にはじまり、健康志向の高まりによる禁煙やダイエットの流行、さらに医療技術や医薬品の発達により早くに亡くなる人が減少したことで、平均寿命が上へとシフトしてきたことは間違いなさそうです。ただ、この研究は現在最も発展しているとも言えるDNA解析による老化防止の研究成果を含んでいるわけではありません。DNAの情報を保ったまま複製回数を増やすことができるようになれば、まだある程度の長寿化は期待できるかもしれません。(引用元:engadget)

関連記事
■妙に納得!100歳を超えた女性の長寿の秘訣は…?
■「健康寿命」とセット、注目新キーワードとは?
■100歳以上の高齢者、過去最多に。うち女性は87.6%

一緒に読まれている記事