ファミマ×RIZAP×伊藤忠がヘルスケア事業で提携

ファミリーマート(東京・豊島区)はRIZAP(東京・新宿区)および伊藤忠(東京・港区)と、食品開発・販売含むヘルスケアライフスタイル領域で業務提携を締結したことを2016年10月14日(金)に発表した。提携の第一弾として2016年11月をめどに、全国のファミリーマート・サークルK・サンクス店舗約18,000店舗でRIZAP監修の低糖質食品を販売する。

ファミリーマートの国内外店舗ネットワークや商品開発力、RIZAPのボディメイクに関するノウハウや健康ブランド力、伊藤忠商事の国内外のライフスタイル領域の情報・ネットワークを活かし、食品分野以外にも、アパレル関連商材や雑貨、出版など、ヘルスケアライフスタイルにおける新商品・サービスの開発を推進する。

関連記事
■ドミナント戦略を行う店舗が知っておきたい、セブンイレブン沖縄進出
■消費動向に影響を与える「女性の未婚率」の現状を理解しよう
■伊藤忠、ライザップブランドとライセンス契約。目標は20億円

一緒に読まれている記事