人気の予感!女性好みのきめ細やかな設定が嬉しい商品登場

ソニーは、持ち歩きができる「パーソナルアロマディフューザーAROMASTIC」を2016年10月5日(水)に発売した。ネット上では「香りのウォークマン」として話題だ。

AROMASTICは、本体にカートリッジを挿入し、ダイヤルを回してボタンを押すと香りを楽しめる製品。部屋に設置するアロマディフューザーのように空間に香りを広げるというよりも、個人が癒しやリフレッシュのために使用することが目的で新しい香り習慣を提案する(本体¥8,980/カートリッジ¥2,280~2,780円)。

ストレスの影響をダイレクトに受けてしまう女性

ストレス社会により心身の不調を訴える人が増えているが、特に女性は女性ホルモンの関係からストレスによる不調の影響が大きい。ストレスを受けることで女性に起こる不調として例えば以下が挙げられる。

  • 顔の吹き出物
  • 月経不順、あるいは月経が止まる
  • 抜け毛
  • 肌荒れ(乾燥、シワなど)
  • 便秘
  • 過食
  • 不眠
  • 鬱など

働く女性の増加に伴い、ストレスを抱える女性は急増しており、美容市場と比較してリラクゼーション・睡眠市場が拡大している理由は「ストレス社会」によるものが大きい。そのような時代性を反映させた商品だ。

シーン別の香り設定が「きめ細かい」!

カートリッジは「スタンダード」「美容」「ビジネス」の3種類あるのだが、以下3つの画像をご覧頂きたい。1つのカートリッジで5種の香りを楽しめる設計で、どのカートリッジも、生活者の気持ちをこまやかにくみ取ったシーン別香り設定がされているのが嬉しい!特に真ん中の「for Beauty」の設定が女性の気持ちをピンポイントで把握している点に驚く。

  • 女性らしさを感じたいときに
  • ヨガなど自分磨きのおともに
  • 私のリズムを整えたいときに
  • 自信を取り戻したいときに
  • 感情の揺れが気になるときに

どれも男性からすると「感覚的でよくわからないし、どう違うんだよ」と思うかもしれないが、これらを生活シーンにに照らし合わせると以下のようになる(例として挙げているのでもちろん、他の生活シーンも想定できる)。

  • 女性らしさを感じたいときに→例:毎日忙しくてガサツな日々を送ってる自分に「女っ気ないな…」と罪悪感を感じたとき
  • ヨガなど自分磨きのおともに→例:自己実現の一つである自分磨きは自分自身と向き合う大事な時間。だからこそ贅沢にリラックスしたい
  • 私のリズムを整えたいときに→例:いつも家族のために頑張ったり、周りに気を使ってばかりで自分のことは後回しになってしまっていることに気付いたとき
  • 自信を取り戻したいときに→例:毎日家のことに仕事に頑張ってるのに、子供が言うことを聞いてくれないとき。姑に文句を言われたとき
  • 感情の揺れが気になるときに→例:情緒不安定になりやすいPMSや月経前にマイナス思考になっているとき

女性は男性よりも比較的香りを好む傾向が強く、アロマオイルや薬膳の独特の香りを好むのも女性が圧倒的に多い。ストレス発散方法の一つとして同製品は特に働く女性の間で人気商品となりそうだ。

すでにネット上では「仮想的に匂いを出せたらおもしろいよね!」「香りをダウンロードできる時代はいつ頃くるんだろう」「インク商法と同じで、カートリッジがクッソ高いんやろなぁ 」「臭いテロが迷惑なのは周知のとおり 」など良くも悪くも話題になっている。カートリッジがもっとお手頃価格になれば、かつてヨーグルトが「デザート食品から毎日摂取する食品」へと昇格したように、「習慣商品」に成長しそうだ。

関連記事
■アロマ市場規模拡大するも、商機が見込めないアロマ分野は?
■アロマの精油で女性ホルモン分泌量が上昇 研究報告
■女性が最もストレス感じるのはどの年代?
■女性の好きなモノ・コト・かわいいが盛りだくさん!大丸百貨店の売場
■まさに女性好み!「ヘルシー×和」のジェラートショップの魅力とは?
■売れ残り商品を、画期的なアイディアで販売する方法

一緒に読まれている記事