働く女性のGI値認知度調査 知ってる?それとも知らない? 


(2016年10月25日記事を更新)
働く女性を対象としたGI値の認知度調査結果(大塚製薬調べ 首都圏の30~50代の働く男性600名、女性600名対象)ダイエット・ヘルスケア業界では「GI値」は定着しているキーワードだが、生活者の間では認知度が低いことが分かった。

画像引用元:大塚製薬

画像引用元:大塚製薬

「GI」知ってる?

  • 知らない、聞いたことがない 78.1%
  • 聞いたことがあるが、言葉の意味は知らない 12.1%
  • 知っている、言葉の意味も知っている 9.8%

低GI食品の機能認知について知ってる?

  • 知っている 18.1%
  • 知らない 81.9%

調査は男女600名ずつを対象にしており、ダイエットリテラシーの高い女性や糖尿病患者・糖尿病予備軍を対象にした場合は認知度はもう少し高くなると思われるが、それにしてもこの結果からは、未だに「ダイエット=カロリーを調整して痩せる」という考え方が一般的であることを物語っているように感じる。

栄養バランスの不足や偏りを防いだり、ダイエット中の精神的なストレスを防ぐためには、カロリーだけではなくGIの知識を併用してダイエットに取り組むことが大切だ。すでに一般化しているような印象もあるが、実は認知度の低いGI。GIの認知拡大に向けた取り組みは、まだまだ必要そうだ。

<編集部おすすめ記事>
今年からじわじわ女性に人気の「ベジヌードル」
ネットで話題の「デブ活」は大きな商機?戦略ヒント例
ダイエット成分、チラコイドとは?来年ブームの兆し
「ヘルシーチョコ」へ熱い視線 機能性お菓子人気カテゴリーに
機能性表示食品の消費者意識調査 2016に見る、消費者インサイト
機能性食品素材市場、2017年どうなる?

一緒に読まれている記事