従業員の睡眠ケアで生産性向上を目指す 吉野家の取り組み

吉野家(東京・北区)は、睡眠を活かした従業員の生産性向上プログラムを開始した。同社は、睡眠の技術で企業の健康経営を支援するニューロスペース(東京・千代田区)が提供する「従業員の生産性向上プログラム ソムニエ」を導入。インターネットを活用した睡眠アンケートで、従業員の睡眠状態を定期的に観測し、部署ごとの典型的な睡眠の悩みを特定して勤務体系や生活アドバイスを行った結果、既に睡眠が改善した従業員もいるという。

 

詳しく知る
■睡眠を活用した吉野家の生産性向上プログラム
■睡眠の技術で健康経営を支援するニューロスペース社について

関連記事
■【総務省】47都道府県別、睡眠時間ランキング
■シエスタ望むビジネスパーソン7割、昼寝ニーズ拡大に商機
■不眠症の疑いありは6割!東京都が最多に

一緒に読まれている記事