2018年4月から精神障害者の雇用義務付け 現場で必要な対応とは?

2018年4月から身体障害者・知的障害者に加え、精神障害者の雇用も義務付けになる。精神障害者は見かけでは健常者と変わらないため、職場では様々な問題が起きやすい。各企業で精神障碍者雇用義務付けに向け、どのような配慮・準備を行っておくべきなのか?

Yhoo!ニュースの「『外見では分からない』ことの悩み 働く精神障害者“5年で3倍”」では、実際の精神障害者の職場での悩みや、精神障害者の離職率の高さを改善し長期雇用のために努力をする企業を取材。精神障害者の雇用義務付けに向けてリアルな現場の声は参考になる。

 

詳しく知る
■「外見では分からない」ことの悩み 働く精神障害者“5年で3倍”(Yahoo!ニュース)
■ここが違う! 改正後の障害者雇用促進法のポイント6つ((株) iCARE運営メディア)
■障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律の概(厚生労働省HP)

関連記事
■厚生労働省「女性活躍推進法認定マーク」愛称決定!女性が多い企業はチェック
■女性活躍推進に優れた企業への投資を促進 準なでしこ銘柄開始
■100歳以上の高齢者、過去最多に。うち女性は87.6%

一緒に読まれている記事