介護食市場規模発表 長期的に安定した成長のきざし

介護食市場規模発表

2015年度の介護食市場規模が発表された(矢野経済研究所調べ)。2015年度の国内の介護食市場規模は、加工食品が前年度比103.7%の991億円、調理品が前年度比101.6%の4,942億円となった。

介護を必要とする方や口腔疾患、嚥下困難、脳機能の低下による咀嚼困難等、様々な要因で一般的な食事が摂れない高齢者の増加に伴い、高齢者施設・病院の現場や在宅配食等の調理品、加工食品も、介護食の割合が増加している。
(引用元:矢野経済研究所)

 

詳しく知る
■介護食市場に関する調査を実施2016年(矢野経済研究所)
■介護食品の潜在的ニーズは2.9兆円(農林水産省HP)

関連記事
■各社似たり寄ったりの介護食、ヤヨイサンフーズの差別化戦略
■「要介護の高齢者数」2013年以降、増加の伸びが男女ともに縮小へ
■介護事業者の倒産、過去最多ペースに

一緒に読まれている記事