セルフメディケーション税制 2017年1月スタート

「予防医療」「セルフメディケーション」など、病院に頼らずに自信で健康を管理する、という健康概念が広まり始めている中、2017年1月から医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」がスタートする。

働く女性向けのポータルサイト「日経ウーマンオンライン」では、人気記事ランキング上位に入っており、注目度の高さが伺える。セルフメディケーション税制とは、スイッチOTC医薬品(医療用成分を含む市販薬)を購入した際に所得控除が受けられるという制度。軽度の症状は市販薬で治療することで医療費を削減することが狙いだが、同時に、生活者の健康リテラシーが高まるきっかけになりそうだ。

詳しく知る
■セルフメディケーション税制とは?分かりやすく解説(日経ウーマンオンライン)
■セルフメディケーション税制について(厚生労働省)

関連記事
■医療費の自己負担率は上げるべき?意識調査結果
■病院減らせば、治療ができないから手っ取り早く医療費減らせる!
■【平成27年度】医療費動向、昨年度から1.5兆円の増加

一緒に読まれている記事