農業女子増加中 東京丸の内で農林水産省イベント開催

東京・丸の内で「食と農林漁業の祭典 ジャパンハーヴェスト2016」が11月5(土)〜6(日)に開催された。主催は農林水産省で、農業体験や国産の食との出会いを都会で楽しめるというコンセプト。日本の農業や食を盛り上げることが狙い。

会場は3つのエリアから成る。「農業体験が出来る畑」「農産物が集まる市場」「地域産品が溢れる森」。農業体験ができるエリアでは、農業女子プロジェクトのメンバーによるマルシェの開催や、「農業女子」を体験出来るコーナーも。

女性の活躍は農業でも推進されており、農業女子が注目されるようになったことで、新たな働き手として農業に従事する若い女性も増えてきている。


関連記事

■丸亀製麺のトリドール、農業法人設立。障がい者雇用も
■寺田倉庫「農業・健康」事業で江戸東京野菜を栽培
■働く女性のGI値認知度調査 知ってる?それとも知らない?

一緒に読まれている記事