11月11日は介護の日 人材確保に向けたイベント各地で開催

画像引用元:厚生労働省

画像:厚生労働省

11月11日は、介護の日。「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」の意味を込め、平成20年に厚生労働省が11月11日を「介護の日」と設定した。介護の意義や重要性について周知・啓発活動を行うことが目的で、各都道府県で取り組みが行われている。福祉介護サービス分野で特に重要とされている人材確保の取り組みに関しては、4日〜17日までを「福祉人材確保重点実施期間」と設定し、各地で福祉の就職説明会やイベントを開催する。

関連記事
■介護事業者の倒産、過去最多ペースに
■「要介護の高齢者数」2013年以降、増加の伸びが男女ともに縮小へ

一緒に読まれている記事